内科の基本情報と内科での主な診療科の種類

診療科が多過ぎて、どこで診察して貰えるか分からない

内科とは眼科や耳鼻咽喉科などの専門性が高く特異な診察や治療が必要な疾患を除いた、15歳以上を対象とした人の罹患する疾患のあらゆるものを診る科です。多岐にわたって診察するために、初期医療の場として様々な検査や投薬治療、食事療法などの指導などを行います。まず体の不調を感じたら内科へ行き、医師による診断を受け必要があれば外科へ紹介するなどをして貰います。総合病院など多くの診療科があり迷ってしまいがちですが、この様な場合は一般内科や総合内科と呼ばれる科を受診します。

生活習慣病を察知して新たな病気を防ぐ循環器内科

内科と一口に言っても、様々な診療科に分かれています。例えば生活習慣病の増加が懸念されている高齢化社会では、心臓や血管に強い循環器内科のニーズは増えている傾向にあります。加齢による高血圧や心疾患、動脈硬化などの診察や、定期的な検査によって糖尿病や高脂血症の疑いを発見し合併症を防ぐなどが診察内容です。また医師のレベルにもよりますが、カテーテルを使用した手術を行うこともあります。循環器内科は医師免許を持つことでどの医師でも運営できます。信頼のおける医師のいる循環器内科を受診しましょう。

ストレス社会だから患者の多い内科とは

消化器内科は、胃炎や下痢などの一般的な消化器に関連する疾患から、胃潰瘍や大腸炎潰瘍、肝臓や膵臓に起きる疾患などを診察、治療します。消化器の不調はストレスとも関係があるので注意を払って診察します。また最近では胃や腸の内視鏡検査を個人医院の消化器内科で行っている医師もたくさん存在します。消化器の疾患で外科的治療が必要な場合は消化器外科と併せた治療をします。また例えば長く続く下痢など、検査をしても異常がない場合には心療内科の診察を勧められることがあります。心療内科とは心因性が原因で様々な症状が体に起きる患者を診察治療します。ストレスが問題になる現代では今後受診する人が増加しそうな傾向があります。

丁寧な診療で定評がある三鷹の内科を利用することで、自分の症状をしっかりと伝えることができ、正確な診断も期待できます。